新築住宅・工事保証|リフォームなら松下工務店<神奈川県横浜市磯子区>

横浜磯子区の松下工務店
新築お問合せ
リフォームお問合せ
新築住宅・工事保証
20年〜40年前に当社で新築したお客様がメンテナンスやリフォームの依頼をいただける、その実績こそが、私たちの「工事保証」と考えています。新築工事後、大きな不良工事や、お客様の不満があれば、信用を落とし、長いお付き合いは不可能です。世代を超えてのお付き合いや、ご紹介をいただけるのも、1つ1つの工事の質・アフターメンテナンスの充実・人の誠実さ、を大切にし続けてきた結果だと考えております。引き続き、皆様のお住まいを見守ってまいります。
年1回の訪問と、定期的なお葉書で、お住まいを見守っています。

担当者が、年末の挨拶回りを兼ね、最低年1回必ずご訪問しております。小さな気掛かりなどありましたら、お気軽にお申し付けください。また、定期的なお葉書を送らせていただいています。松下工務店の最新情報のお知らせなどで、お客様のお住まいを見守っています。

定期的な無料点検

お客様の要望があれば、10年後でも、30年後でも、いつでも無償で点検を行なっています。お気軽にお申し付けください。

第3者機関による長期保証を約束

松下工務店は、(財)住宅保証機構の登録事業者です。

(財)住宅保証機構は、「住宅の品質確保の促進等に関する法律」で義務付けられた新築住宅の10年間 の瑕疵担保責任をバックアップする機関です。
家造りにおいて、施工会社がミス工事や欠陥工事をしていないかを、住宅保証機構の検査員が厳密にチェックをしています。検査時期は、下記の通りです。

@配筋検査 建物をしっかり支えるために必要な足元の基礎コンクリート部分です。コンクリートで固めてしまうと、見えなくなってしまうので、その前に鉄筋の太さや配置が図面どおりに組まれているかをチェックします
A構造体検査 主要な構造部を検査員が細かくチェックします。家を支える柱や耐力壁の位置は図面通りか、横揺れを防ぐ「筋かい」は図面通り配置され適正に取り付けられているか、など通常一般の人では分からないチェックポイントをしっかり検査します。
B外装下地検査 外壁を貼ると見えなくなってしまう外壁下地の防水シートの重ね代が規定以上設けられているか、防水テープやコーキングが適切に処理されているかなど、雨水の浸入を防ぐ部分を主に検査します。
C完了検査 雨水の浸入を防ぐため、外壁の防水処理(貫通配管など)やバルコニーが設計図通りになっているかをチェックします。
横浜の松下工務店では、皆様からのお見積りやお問合せをお待ちしています。

このページの先頭に戻る